Myリバブル

首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

東急リバブルに記者が潜入!物件探し体験レポート
体験レポート画像1 「憧れの自由が丘でワンランク上の生活を!」

今回、『今より、ワンランク上の部屋に住もう』と決意!ずっと憧れていた街“自由が丘”で物件を探すため、東急東横線「自由が丘」駅前にある、東急リバブルに行ってきました。8階でエレベーターを降りると、壁には「物件案内」がズラリ!立ち止まって間取り図を見ているだけで、自由が丘でのオシャレな生活への想像もどんどんとふくらみます。店内に入ると、女性社員が多いためか、清潔感があり、和やかな雰囲気で居心地もよし。さていよいよ、体験レポートの名を借りた、僕の部屋探しスタート。果たして、理想のお部屋は見つかるのでしょうか!?

体験レポート画像2 「物件探しの第一歩は、明確な希望条件から!」

まず、「家賃」「駅までの距離」「築年数」「設備」など、担当の戸上さんがこちらの条件を聞きながら、見合った物件を紙面で紹介してくれました。仕事柄ネット環境は必要なので、ちょっと細かいかなと思いつつ、『なるべく早くインターネットを使いたいので、面倒な工事の必要がない通信回線完備の部屋がいい』と言うと、お安いご用といった感じで出る出る。時代は変わりましたね。また、逆に聞かれたのが『荷物はどの位になるのか?』ということ。広い部屋に引っ越したはずなのに荷物が入らない…なんて人も多いらしく、物件探しをする上で、重要なポイントになるそうです。これは事前にチェックしておいた方が良いかもしれませんね。

ちょっと気になったので聞いてみた!

『遠慮しないで、希望条件は言ってください』と言われたので、『携帯電話の電波状況、アンテナ3本!』と言ってみました。すると、『それが一番の条件ですか?』と返されてアタフタ。色々希望はあるでしょうが、物件選びではとにかく"最優先なのは何か"を明確にすること。それで物件の絞り込みがずいぶんとできるようになるそうです。

「写真を見ることで、可能性が広がる物件探し!」 体験レポート画像3

当営業所の特徴のひとつが、各物件の部屋の中や周辺の環境の写真をパソコンで見られること。正直、戸上さんの話を聞きながらでも、紙面だけで物件案内を見ていると、ピンとこないことが…。しかし、写真を見ることで、イメージも湧きやすくなります!それに、例えば、築年数が古くてちょっと…と思っていた物件も、いざ写真を見ると、新築マンション顔負けのリフォームが施されていて、『これも候補物件のひとつに!』なんてことも。もちろん都合が合えば、そんな、気になる物件をその日のうちに見に行けちゃいます。

ちょっと気になったので聞いてみた!

部屋の広さ、駅からの距離もほぼ同じ、家賃はちょっと高めだけど、防犯など各種設備・仕様が充実している物件を発見。聞いてみると、『分譲タイプの賃貸物件』とのこと。そんな分譲マンションの賃貸を扱っているというのも東急リバブルの特徴。来店の際はそんな物件の有無を確認するのも良いかも。

居住用賃貸物件を探すpage top
体験レポート画像4 「物件までの道のりでも、有意義な情報収集を!」

当営業所には、「自由が丘」駅に限らず、駅から徒歩10分前後の物件が豊富で、見学に歩いて行くことが多いそうです。最初は『えっ、車じゃないの?』と思ったのですが、これにもわけがありました!美味しいと評判の飲食店や安いドラッグストアなど、駅周辺や商店街の情報から、物件周辺にあるコンビニの位置、夜中でも比較的安全な通りなど、担当の人と一緒に街中を歩くことで、その土地に住んでみないとわからない情報を事前に収集できるというわけです。実際に、自分の足で歩いてみないと気付かないこともたくさんありますからね。女性社員が多い店舗ならではの気配りはさすが!

ちょっと気になったので聞いてみた!

何件も案内してもらうと、『今日決めないとダメだよな…』という気分になるのが人情。そこで質問してみると、『 “絶対”という物件があれば別ですが、2、3回来店して3件から10件程度見学して吟味して決めるといいでしょう』とのこと。そう言ってもらえると、何だか安心して物件見学することができますね!

「物件見学で重要なのは、レイアウトのイメージ!」 体験レポート画像5
実際物件に着いて、各部屋の様子を一通りチェックしたら、手持ち無沙汰に…。そんな時、戸上さんが、レイアウトのイメージをすることが大切ですよと教えてくれました。なるほど!コンセントやテレビ・電話線の位置を見て、今使用している物が置きたい場所に置けるのかを確認する必要がありますね。特に、冷蔵庫や洗濯機など、置く場所が限定される物は、事前にサイズを測っておかなくちゃ。そんなわけで、みなさんメジャー持参とのこと。バックからおもむろにメジャーを取り出し、冷蔵庫のスペースをテキパキと測る戸上さんの姿の頼もしいこと。なんの準備もない自分が恥ずかしい…。それでもイメージがつかめない時は、携帯電話のカメラ機能なんかで部屋を撮影、帰ってからゆっくり改めてイメージするってのもありですね。
ちょっと気になったので聞いてみた!

「新築物件とは無縁ですが、以前から気になっていたことも聞きました。「安すぎる物件」ってなに?込み入った理由がある物件も確かにあるそうですが、中には立地条件が悪く、なかなか借り手が見つからないという物件も。気をつけたいのは「なぜ安いのか?」ということ。 必ず不動産屋さんに安い理由を確認することが大事です。その上で納得して借りるのであれば、意外と気に入る物件が見つかるかもしれませんよ。

体験レポートを終えて
体験レポート画像6
今回案内していただいた物件

SERRO SERRO JIYUUGAOKA(セローセロー自由が丘)東急東横線の「自由が丘」駅徒歩9分(約720m)、「田園調布」駅徒歩10分(約800m)、東急目黒線「奥沢」駅徒歩9分(約720m)、東急大井町線「九品仏」駅徒歩8分(約640m)と、3線4駅が利用できるデザイナーズマンション。

「”何でも聞ける”楽しい物件探し」

『楽しい物件探しだった!』というのが、今回、体験レポートをした率直な感想です。もちろん、担当の人も、こちらが尋ねれば、物件のことから物件周辺の情報まで、何でも答えてくれる“プロフェッショナル”。でも決してビジネスライクではない、和気あいあいとした雰囲気で?物件探しができたのが好印象!みなさんも、こんな楽しい物件探し体験してみませんか!! ん?僕の部屋は見つかったのかって? 正直な話を言えば、今回は折り合いつかず。でも自由が丘の住民になる日まで、まだまだ諦めませんよ!

担当者より

『この家賃じゃ無理…』など、先入観で物件選びの条件を狭めずに、とにかく一度、悩むことなどあれば、何でも気軽に相談してみてください!

居住用賃貸物件を探すpage top