Myリバブル

首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

生活スタイルで選ぶ 3DK VS 2LDK

「部屋数の多い3DK」、それとも「リビングがあり開放感のある2LDK」…どちらの間取りが自分に合っているのか、お部屋探しをしていると必ず迷うものです。また、間取り以外の条件で決めてしまったものの、いざ入居してみたら、全然生活スタイルに合わなかったなんてケースも…。そこで、今回は、3DK・2LDKそれぞれのお部屋に住む“ディンクス”“ファミリー”を特集。どのようにお部屋を活用しているのか、生活スタイルも含めて、ご紹介していきます。ぜひ、みなさんの今後の参考にしてみてください!

ライフスタイルと間取り 実際みんなはどう思ってる?どう使ってる?

3DK vs 2LDK

DINKS ディンクス

狭くてもくつろげるスペースと仕事部屋は分けたい

ゆっくりくつろげるふたりの空間!広いリビングが必要

趣味など、自分の部屋は絶対!部屋数が多い方が良い

結局、狭い部屋は物置に…それなら少なくても広い部屋

限られた部屋数での生活は嫌!ひと部屋は余裕を持ちたい

壁や仕切りが少なく、変幻自在の広い空間が欲しい

相手も気にならない、隔離されたゲストルームが欲しい

開放感溢れるスペースでホームパーティーも開きたい

ふたりでいる空間、そして、趣味・休日の空間

夫婦ふたりだけでの生活が基本となるディンクス世帯。共働きをしている人たちも多く、仕事からの帰宅時間もバラバラになったりするため、まずはふたりで一緒にいる時間・空間を第一に考える傾向があるようです。そして、その一方で、互いの趣味の時間だったり、友人を招いてのホームパーティーなど、有意義な休日をいかに過ごすことができる空間なのかということを求めているようです。

3DK vs 2LDK

Family ファミリー

夫婦の時間も必要!小さいうちから子供部屋をあてがいたい

家族全員で、リビングから寝室まで、広い空間で過ごしたい

ちょっとだけ子供から解放される、自分だけの空間も持ちたい

常に子供に目が届き、なおかつ窮屈さを感じない部屋が欲しい

どうしても増えてしまう荷物…ひと部屋は物置にしたい

子供がいても、お洒落な空間を演出したい

2部屋しかないなら仕方がないけど、やっぱり和室が欲しい

工夫ひとつで、子供の成長にあわせて対応できる空間が絶対!

数年先も見据えた、子供が中心となるファミリー世帯

ファミリーの場合、自分たち夫婦よりもどうしてもお子さんのことが中心になるようです。“お子さんが何人いるのか?”“子供部屋が必要な年齢なのか?”“お子さんが常に目の届く場所にいることができるのか”なども、お部屋を選ぶ際の重要なポイントに。また、どうしても家族が増える分、「荷物」の問題も出てくるようです。そういった点をどのようにとらえるかによって、3DK派・2LDK派に分かれているようです。

入居者の声

3DK ディンクス

遠藤 真理さん 画像

遠藤 真理さん

何と言っても、3DK最大の魅力はその部屋の数!ふたりだと確実にひと部屋は余るため、生活スタイルの変化に合わせて、余った部屋を仕事の部屋、趣味の部屋…など、変えていくことができるので大変便利です。

1.家族構成
2.年齢 29歳
3.夫の職業 設計関係
4.帰宅時間 9時ごろ
5.趣味(休日の過ごし方) ウインドサーフィン
6.ペット なし

現在、夫婦それぞれの部屋は設けず、3部屋を「リビング」「寝室」「物置」として使用。生活していて思うのが、3DKはいかに無駄なく部屋を有効活用できるかが重要。主人は自宅でも作業の多い設計関係の仕事をしているので、以前は、ひと部屋を仕事部屋にしていたのですが、自宅で仕事をする機会が減り、主人の物置部屋化してきていたので、現在の寝室に。そして、もともと寝室だった部屋をふたりの物置として使うようにしました。用途に応じ、部屋をパズルのように変えていける楽しみがありますし、扉をはずせば、開放的なスペースにすることも可能。何となく雰囲気が想像できてしまう2LDKと違い、3DKは工夫次第で面白い部屋に変貌を遂げるので、住んでいて楽しいです!

3DK 間取り図

2LDK ディンクス

中村 良さん 画像

中村 良さん

地方の出身なので、とにかく狭いのが苦手…。リビングがあり広いことで、ソファーひとつを置くにしても、余裕を持って置けるのが良い!遊び心を持ちながら、お洒落でくつろげる空間を演出できる気がします。

1.家族構成
2.年齢 31歳
3.職業 IT関係
4.帰宅時間 11時ごろ
5.趣味(休日の過ごし方) 読書・ゴルフ
6.ペット 小型犬 1匹

夫婦ふたりだけの生活なので、起きている時は一緒にリビングで過ごすようにしています。寝室以外の余った部屋は、奥さんの物置として使用。確かに、ひとりになれる部屋が欲しいなと思うこともありますが、基本的に、平日は帰りが遅く、奥さんは先に寝ていて、就寝までのリビングで過ごす1、2時間が自分の時間・空間になるので、それで満足しています。また、学生時代の友達などを呼び、よくホームパーティーを開くのですが、そんな時にも2LDKの良さは実感します。3DKだと、リビングのように使用したとしても仕切りがあって気になりますが、うちのように広めのリビングだと開放感があり、全員を見渡すことができるので、一体感があるんです。

2LDK 間取り図

3DK ファミリー

高山 欣也さん 画像

高山 欣也さん

やはり3部屋あると、ゲストルームを作ることができて便利。また、泊まらないにしても、子供がいるとどうしても家が散らかってしまうので、片づけきれないものをひとつの部屋に隠すなど、突然の来客にも対応できるのがいいです。

1.家族構成 妻・子供2歳
2.年齢 30歳
3.職業 デザイナー
4.帰宅時間 深夜になることも
5.趣味(休日の過ごし方) 子供と散歩・プール
6.ペット 猫 1匹

子供がひとりいますが、まだ2歳なので、ひと部屋はふすまをとりはずして少し大きめのダイニング、ひと部屋は家族全員で寝る寝室、もうひと部屋はゲストルーム兼物置として使用。現在は3DKを2LDKのように使用していますが、本当の2LDKと違い、とりあえず部屋がたくさんあるのが良いです。今後、子供の成長に合わせて、子供部屋が必要になれば対応できますし、実家の両親などが遊びに来る時も対応しやすい。また、3DKの物件だと、和室率が高くなるので、小さな子供がいる家庭には良いかも。フローリングばかりだと滑って危ないので、和室があると家の中で遊ばせるのに親としても安心です。あと、奥さんとしては各部屋が適度に仕切られているので、掃除もしやすいようです。

3DK 間取り図

2LDK ファミリー

野田 友さん 画像

野田 友さん

とにかく、その広い空間に大満足!また、大抵どの場所にいても、子供に目が届くので、何か用事をしている時でも安心できるのも大きいです。

1.家族構成 夫・子供1歳
2.年齢 28歳
3.夫の職業 飲食店経営
4.帰宅時間 10時ごろ
5.趣味(休日の過ごし方) お菓子作り
6.ペット なし

“空間をより広く使う”“部屋全体を見渡せられ、いつでも子供に目が届く”ということを意識して、2LDKの間取りを選びました。子供が起きているときはリビングで過ごすようにしています。部屋は多いことにこしたことはないと思いますが、はじめから壁で仕切られた3DKの部屋とは違い、その時々の生活に応じて、リビングのレイアウトを変形できるのが2LDKの強み。現在、リビングの隣にある和室は、友人が来た時には、ゲストルームとして使用していますし、子供が小学校にあがったり、もうひとり子供が生まれれば、子供部屋に変えたり、今以上に荷物が増えるようなら、物置に変えてしまう予定です。

2LDK 間取り図
総評

生活スタイル、趣味や子供にどのくらい重きを置くのかによって、部屋の数が多い3DKを選ぶのか、それとも広い空間を活用できる2LDKを選ぶのか、意見が分かれていたように思います。ただ、ディンクス世帯・ファミリー世帯に関係なく、コレと1回決めたら、その部屋の使い方にこだわるのではなく、その時々の状況や生活によって、臨機応変に部屋の用途を変えていることは共通していました。また、部屋を何が何でも“部屋”として使用するのではなく、“空間”として考える人が多いことにもビックリしました!3DKにしろ、2LDKにしろ、何を求めているかによって住み心地は様々。オプションや自分のこだわりを優先させてから3DK・2LDKを選んでいる人が多いようです。

居住用賃貸物件を探すpage top