Myリバブル

首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

あなたなら何を重視しますか? 立地&周辺環境を徹底検証!


首都圏のシングルカップルファミリーの世帯を対象にした調査をもとに、お部屋探しの際の「立地・周辺環境」の重視条件について分析したところ、すべての層でポイントが高いのは「スーパー」「コンビニエンスストア」「治安の良さ」でした。
日常の利便性と安心・安全が求められていることが、よくわかりますね。
でも、より詳しく分析すると、それぞれの層で重視する条件はかなり違うのです。そこで、各層の希望の多い立地&周辺環境のメリットとデメリットを検証してみました。併せて城南・横浜方面を中心に“おすすめエリア”も紹介します。


立地&周辺環境で重視するポイントは?
シングル
1人暮らし世帯の皆さんが最も重視するのは「コンビニ」。これは社会人(男女)・学生を問わず人気が高く、今やシングルの生活に欠かせない存在と言えます。
次いで、男性社会人は「飲食店」「クリーニング店」、女性社会人は「スーパー」「治安の良さ」、学生は「郵便局」「通学路」に注目する傾向があります。
女性社会人は自炊、男性社会人は外食が中心ということで、学生は仕送り等を受け取るために銀行よりも郵便局の利用者が多いからのようです。
カップル
2人暮らしの世帯では「治安の良さ」「商店街」「薬局(ドラッグストア)」の順に重視。カップルで行動すると何かと出費が増える分、普段の暮らしは商店街やドラッグストアの特売を利用して堅実にという傾向がうかがえます。また、商店街は地域密着型ですから安心感や親しみもあるのでしょう。
カップルは「街並み」「自然の多さ」「飲食店」「ビデオ・CDショップ」「図書館」「スポーツジム」など、景観や趣味に関するスポットへの関心も高めです。
ファミリー
子どものいる世帯が重視する条件は「治安の良さ」「小学校・中学校などの学校」「病院」「公園」「保育園・幼稚園」「通学路」などで、やはり大事な子どものことを考え、より良い環境で子育てをしたいという思いが表れています。
ほかの層と比べて「川や海への近さ」のポイントがやや高いのも、子どもが自然に触れる環境を求めてのこと。「スーパー」「商店街」への注目度は低めですが、家族で大型商業施設を利用することが多いからと推測できます。





それぞれの層に人気の立地&周辺環境を検証!
お部屋探しの条件として、交通の便の良さを挙げる人が多いのがシングル層。通勤時間の短縮できる「オフィス街」と、車が利用しやすい「幹線道路に近いエリア」をチェックしてみましょう。
カップル向けにはオシャレなイメージの「観光地」と、日常の買い物に便利な「商店街エリア」をリサーチ。
ファミリー層は「公園」や「学校」、「川・海」のそば、「大型商業施設の近所のエリア」を検証してみましょう。
また、それぞれの中から注目エリアもピックアップして紹介します。

シングル オフィス街&幹線道路

カップル 観光地&商店街

ファミリー 公園&学校

ファミリー 川・海&大型商業施設


シングル 通勤に便利な「オフィス街エリア」&アクセス快適な「幹線道路エリア」をチェック!

オフィス街エリア
ここがポイント!・通勤時間が短くてラク。・昼間人口が多いので安心感がある。・コンビニが多い。・都心でも夜間や休日は静か。
一方で、こんなコトも・・・
幹線道路エリア
ここがポイント!・車が利用しやすく気軽に出かけられる。・賃料が相場より低めに設定される場合も。・防音性の高い物件が探しやすい。・道路の騒音の代わりに楽器可の物件があるかも。
一方で、こんなコトも・・・
・夜間人口が少ないので防犯上の不安がある。
・スーパー等、暮らしに便利な店が少ない。
・休日に営業している店が少ない。
・自然が少なく無機的なイメージ。
・道路沿いは一日中、車の通行音がある。
・排ガスで窓が開けられない。
・高架の高速道路が目の前だと圧迫感がある。
・年末や年度末には道路工事が集中する場合がある。



オフィス街の近所に住むなら、最寄りのコンビニは24時間営業が一番。最近ではクリーニングの取り次ぎをするコンビニもあります。食品・日用品は宅配サービスを利用しても良いでしょう。
防犯上の不安はセキュリティのしっかりした物件をチェック。オフィス街には緑地もけっこうあるので、お散歩がてらリサーチしましょう。
幹線道路の近くに住む場合は、下見の際に一日の交通量や平日・休日の違いもチェックしたいもの。防音性の高い構造や、洗濯物も乾かせる浴室乾燥機など設備の整っている物件を探すと良いでしょう。


リバブルおすすめのエリア
オフィス街エリア
駅前にスーパー・飲食店・医療機関などの複合施設がある「大崎」(JR3路線、りんかい線)、駅構内と駅前に多彩な商業施設が集まっている「品川」(JR5路線、京浜急行線)、スーパーや昔ながらの商店街もある「田町」(JR2路線、都営地下鉄2路線)、駅の周辺にデパートなど大規模な商業施設がたくさんある「横浜」(JR6路線、東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線、京浜急行線、相模鉄道線、市営地下鉄線)等は、休日営業の商業施設も多い便利なオフィス街です。

幹線道路エリア
国道246号と環七通りに近くて首都高速の出入り口もある「三軒茶屋」(東急田園都市線)、目黒通り・環八通り・第三京浜の玉川ICに近い「等々力(とどろき)」(東急大井町線)、環八・第一京浜・産業道路(〜横羽線)にアクセスしやすい「糀谷(こうじや)」(京急空港線)、中原街道と南武沿線道路が交差する所に駅があり、府中街道・第三京浜の京浜川崎ICに近い「武蔵中原」(南武線)等は、それぞれ商業施設や商店街、緑地なども近所にあります。

居住用賃貸物件を探すpage top


カップル オシャレな「観光地エリア」&親しみやすい「商店街エリア」をチェック!

観光地エリア
ここがポイント!・ファッショナブルな街の雰囲気が楽しめる。・日常的にトレンドウォッチができる。・深夜まで営業している店が多い。・上質な食材などを扱う高級店が多い。
一方で、こんなコトも・・・
商店街エリア
ここがポイント!・必要なものが必要な量だけ買える。・各店の専門性が高く、店主は専門知識が豊富。・常連になると近所づきあいの安心感も。・地域のイベントなどに参加して楽しめる。
一方で、こんなコトも・・・
・家賃や物価が高い。
・休日はもちろん、平日も人出が多い。
・知らない人が多く集まるので治安が心配。
・静かな環境を好む人は、にぎやかすぎて落ち着かない
 場合も。
・閉店時間の早い店が多い。
・庶民的で世話好きな感覚が苦手な人や
 他人と距離を置きたい性格の人には向かない場合も。



六本木ミッドタウンや原宿・青山など有名スポットの近所に住むなら、地元で長く営業している商店なども調べておくと意外に便利なこともあります。
外観や内装がやや古くてもOKなら、相場より低めの賃料の物件もあります。でも、全国から見知らぬ人が多く集まるエリアなので、防犯性の高い物件を選べばなお安心。
商店街の場合、遅い時間も利用できる店が必要なら、深夜まで営業するコンビニやスーパー、飲食店などもある商店街エリアを探すと良いでしょう。


リバブルおすすめのエリア
観光地エリア
大規模な複合施設が点在する「恵比寿ガーデンプレイス」を抱える「恵比寿」(JR3路線、日比谷線)、服飾・雑貨の店やカフェなどオシャレな街並みが人気の「自由が丘」(東急東横線・大井町線)、新旧いくつもの商店街で形成された若者の街「下北沢」(小田急線、京王井の頭線)、横浜港に近く歴史のある住宅地の元町・山手とにぎやかな中華街のある「元町・中華街」(みなとみらい線)等は、駅から離れれば静かな住宅地の広がるエリアです。

商店街エリア
駅の東西に合計6つの商店街が広がり、多彩な専門店が揃う「学芸大学」(東急東横線)、“安売り合戦”など活気ある商店街が人気の「雑色(ぞうしき)」(京急本線)、北口・南口に親しみやすい商店街が続く「大岡山」(東急目黒線・大井町線)、戦前から地元の台所役を担ってきた「横浜橋通商店街」と大規模な観光ストリート「伊勢佐木町商店街(イセザキモール)」に近い「阪東橋」(横浜市営地下鉄ブルーライン)等は、商店街の中にコンビニまたはスーパーもあります。

居住用賃貸物件を探すpage top


ファミリー 緑豊かな「公園エリア」&通学に安心の「学校エリア」をチェック!

公園エリア
ここがポイント!・豊かな緑や花々が間近に眺められる。・子どもの遊び場として理想的。・散歩やランニングコースになる。・大規模公園なら多彩な施設がある場合も。
一方で、こんなコトも・・・
学校エリア
ここがポイント!・治安の良いイメージ。・幼稚園・保育園の送り迎えがラク。・小・中学生のいる家庭は通学時間が短くて安心。・地域の人々が子どもたちを見守ってくれる。
一方で、こんなコトも・・・
・日中や週末は人が集まり、にぎやかすぎることも。
・夜間は暗く、人の気配が少ない。
・校内放送やチャイム、学校行事の音が気になる場合も。
・自宅が子どもの友達のたまり場になることも。
・夜間は暗く、人の気配が少ない。



とても大きな公園の場合は、公園の周囲のどのあたりの立地を選ぶかによって住環境がまったく違うケースもあるので、周辺環境の違いもきちんと調べましょう。
公園も学校も夜道が不安な場合は、さほど遠回りにならず迂回できる安全なルートもあるかどうかをチェック。公園や学校が最寄り駅から離れている場合、夜間も物件の近くまでバスなどが運行しているエリアを探すのも一案です。
学校のそばの場合、共働き家庭で子どもは学校に通っていて日中は誰もいなければ、学校の騒音は問題にならないでしょう。


リバブルおすすめのエリア
公園エリア
武蔵野の深い緑に包まれた「井の頭恩賜公園」に近い「吉祥寺」(JR2路線、京王井の頭線)や「井の頭公園」(京王井の頭線)、総合運動場・美術館もある「砧公園」と「馬事公苑」が散策コースになる「用賀」(東急田園都市線)、横浜市都筑区内で最大の「都筑中央公園」など緑地が点在する「センター南」(市営地下鉄2路線)、「かながわアートホール」や野球場もある「県立保土ケ谷公園」に程近い「星川」(相鉄本線)等は、駅や幹線道路から外れると閑静な住宅地が広がっています。

学校エリア
駅から徒歩圏内に保育園・幼稚園・小・中・高校が点在している「池上」(東急池上線)、駅の北側に大小の公園と共に小・中学校や女子短大がある「あざみ野」(田園都市線、横浜市営地下鉄ブルーライン)、駅を中心として周辺に幼・保・小・中・高校のある「山手」(根岸線)と私立の女子校が多い「石川町」(根岸線)、江ノ電寄りに小・中・高校が集まっている「鎌倉」(JR2路線、江ノ島電鉄)等は、学校の周りが落ち着きのある住宅街で子育て世帯に人気の高いエリアです。

居住用賃貸物件を探すpage top


ファミリー 開放感あふれる「川・海エリア」&何でも揃う「大型商業施設エリア」をチェック!

川・海エリア
ここがポイント!・大きな河の周辺には緑地や運動広場などが整備。・建物の外部からの視線が気になりにくい。・海辺なら夏は内陸部より涼しい。・水遊びや釣り、マリンスポーツが楽しめる。
一方で、こんなコトも・・・
大型商業施設エリア
ここがポイント!・買いものが一度にまとめてできる。・買ったものが車で運びやすい。・雨の日などは施設内が子どもの遊び場に。・託児ルームや託児サービスのある施設も。
一方で、こんなコトも・・・
・川の近辺は虫が多いので苦手な人は要注意。
・きれいではない川は悪臭が発生する場合も。
・海の近くで駐車場・駐輪場が屋外にある場合は車や
 自転車がサビやすい。
・海のそばは風が強く、冬は寒い。
・施設の周辺の道路や駐車場が渋滞しがち。
・早朝や休日でも配送車の音が気になる場合も。
・知らない人が多く集まるので治安が心配。



河川は大きさによって環境がまったく異なります。並木のある細い遊歩道に寄り添うような小川もあれば、緑地や総合運動場、ゴルフ場、庭球場を設けた広大な河もあります。
海辺も再開発された臨海地区と昔ながらの景色のエリアとでは印象がずいぶん違います。休日に子ども連れで、あちらこちらの河川や海辺へ遊びに行きがてら、立地&周辺環境のチェックをするのも良いでしょう。
大型商業施設の場合も、ショッピングモールや家電量販店など何棟もの施設が集中するエリアと、郊外に1店舗だけのエリアとでは品揃えや人の集まり方が違います。できれば平日・休日の人の流れや車の渋滞の程度を見ておきたいものです。


リバブルおすすめのエリア
川・海エリア
旧中川をまたぐ橋の上に駅があり、荒川沿いの緑地にも近い「東大島」(都営新宿線)、駅の両側が公園で川沿いの多摩川田園調布緑地もそばにある「多摩川」(東急東横線・目黒線・多摩川線)、運河寄りに公園が多く、何か所もある海浜公園へ行くにも便利な「平和島」(京急本線)、海水浴場のある逗子海岸や葉山マリーナに近い「逗子」(横須賀線)・「新逗子」(京急逗子線)等は、幹線道路にアクセスしやすいので車でも移動しやすいエリアです。

大型商業施設エリア
大型ショッピングセンターと激安店を集めたショッピングモールがある「西葛西」(東西線)、駅を挟んでスーパーのあるタワービルと商業施設が建つ「国領」(京王線)、ボウリング場もある駅ビルと観覧車やシネコンも併設したショッピングモール等が揃った「センター北」(市営地下鉄2路線)、駅の周囲にデパートや地元の専門店ビル、家電量販店などがある「藤沢」(東海道本線、小田急江ノ島線、江ノ島電鉄)等は、22時〜23時まで営業または24時間営業の店舗のあるエリアです。



総評
どんな立地&周辺環境でも一長一短で、誰もが100%満足できるような所はまずありません。
でも、ある人にはデメリットと感じる条件でも、別の人には全然気にならないということも多いのです。
要は価値観の違いですから、気になる物件が見つかったら、自分なりにメリットとデメリットを書き出して比較してみましょう。
そして、少々のデメリット程度なら発想を変えて楽しもうというくらい、心の余裕があれば大丈夫。
きっと毎日の暮らしも楽しくなるはずですよ!

参考資料:『2007年賃貸契約者に見る部屋探しの実態調査 「立地・周辺環境」に関する重視条件』(株)リクルート調べ(2008年4月)
居住用賃貸物件を探すpage top