首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

急な転勤でも大丈夫!短期間で決める、お部屋探し大作戦!

転勤は春に集中するものと思われがちですが、
季節にかかわらず異動の辞令が出る企業もあります。
転勤が決まってから次の住まい選びに1か月以上も掛けられるケースは少なく、
ほとんどの人は限られた短い期間のうちに新居を決めることとなります。
そこで、今回は転勤を経験した人の実情を分析すると共に、
短期間で効率よくお部屋を探すためのノウハウを紹介しましょう。


転勤者データ

転勤者のお部屋の決め方は?

部屋を決める際重視した項目(複数回答)
※「賃貸に関するアンケート」リクルート調べ(2010年度)

転勤を経験した人がお部屋を決める際に重視したのは、やはり一番が「家賃」で、次が「立地・周辺環境」、続いて「通勤・通学時間」「間取り」「路線・駅やエリア」「面積(広さ)」の順。
転勤によって、それまで知らなかった地域に住むことになる人が多いので、全体平均に比べると、住まいの周りの環境と勤め先までの所要時間が特に気になるようです。
一方、さほど重視されないのは「初期費用(礼金・敷金・仲介手数料など)」。これは、転勤に際して会社から補助や手当が支給される場合も多いためと考えられます。

転勤者のお部屋探しの時期は?

異動日の何日前に転勤の辞令を出されましたか?転勤が決まってから住まいを決めるまでの期間
※「転勤者に関するアンケート」リクルート調べ(2010年3月)

転勤の辞令が出される時期は、約5割の人が異動日の「30日以内」と答えています。しかし、実際に転勤が決まってから新しい住まいを決めるまでの期間は、2週間以内という人が5割以上で、そのうち2割ほどの人が「3日以内」という慌ただしさ。転居するには引っ越しの手配や手続き、荷造りの時間も必要なだけに、新しい住まいを探して申し込むまでも時間的に余裕がないのが実情のようです。

 
居住用賃貸物件を探すpage top

条件決定&情報収集〜内見&申し込みのポイント

希望条件を明確に!

条件決定&情報収集

  • 賃料の上限を決め、ほかに譲れない条件を挙げる
    (3つまで)。
  • 赴任先の最寄り駅までの通勤時間を決める(30分〜1時間以内など)。
  • インターネットやパソコンソフトの交通案内などを利用し、通勤ルート(乗り換え回数の少ない路線)を選ぶ(2〜3路線)。
  • 候補の沿線にある駅と周辺の家賃相場や環境、地図などをチェックして希望の駅を絞り込む(5〜6駅)。
  • 予算や希望に合わせて住みたい街の候補を2か所程度に絞り、インターネットで物件の検索をする。
  • 候補の物件が何軒か見つかったら、不動産会社に連絡して物件の有無を確認。同時に、ほかにもオススメの物件の有無を聞いて、あれば間取り図などを送ってもらう(時間が取れるなら不動産会社を訪問して直接、資料をもらう)。

条件チェックシート

リサーチを徹底的に!

内見&申し込み

  • 候補の物件を比較・検討し、最終的に3〜4軒ぐらいを
    選んで内見の予約を入れる。
  • 時間が取れるなら、候補の駅から勤務先まで電車で行ってみたり、駅前を歩き回ったり、駅周辺や物件付近の昼と夜の様子もチェックする。
  • インターネットの検索だけでは把握しにくい周辺環境に関しては、質問事項をまとめておいて、内見時に不動産会社の担当者に確認する。
  • 内見のときには物件のチェックだけでなく、不動産会社の担当者からの情報収集など時間を有効に使おう。
  • 充分に納得して気に入った物件があれば、契約の申し込みを入れる。
  • 申込に必要な書類を提出し、入居審査がクリアできたら申込完了!

物件チェックシート

契約&転居の準備

同時進行でお忘れなく

  • 連帯保証人に契約時の協力を依頼しておく。
  • 契約の際に必要な書類、おおよその契約金の用意。
  • 住所変更が必要なもののリストを作成。
  • インターネット環境が継続できるのか新規契約に
    なるのかを確認し、早めに手続きを。
  • 引っ越し業者の選定と見積もりの依頼。

→

 
居住用賃貸物件を探すpage top

転勤のベテランからのアドバイス!

  • 転勤の辞令が出たら家賃の二重払いを最小限に抑えるめ、すぐに今の住まいの解約申し込みを。
  • 新しい住まいの環境に早めに慣れるには、今、住んでいる所と似ている街を探してみる。
  • 周辺の環境を現地で確認する時間がないときは、インターネットのタウンガイド風のサイトやSNSサイトのクチコミなどでチェックを。
  • 内見の際、一日で見て回れるのは多くても4〜5軒が限度なので、スケジュールは綿密に。
  • 現在の住まいにある家具や家電製品が納まるかどうか、事前にサイズを測っておいて、内見のときに確認を。
 
居住用賃貸物件を探すpage top

総評

転勤の時期には他の転勤者とお部屋探しや引っ越しなどが重なるため、良い条件の物件ほど早い者勝ちとなります。
同じ転勤者でもシングル、カップル、ファミリーといった世帯によって優先する条件は違ってきますが、
短期間で「早く決めなければ!」と焦れば焦るほど見落とすことも多くなりがちで、転居後にガッカリするようなことにもなりかねません。
お部屋探しの前には、何が必要で何を優先すべきかをきちんと整理しておくことが効率アップのコツです。
また、インターネット上には膨大な物件が間取り図や写真付きで公開されていますから、できるだけ多くの物件を比較・検討してみましょう。
それぞれの街の情報は当サイトの「タウンガイド」も参考にしてくださいね。