首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

「東京ベイエリア特集」ここ数年で一気に開発の進んだ「東京ベイエリア」。下町風情と近代的な町並みが共存するベイエリアの情報をご紹介いたします。

私たちだから知っている、あの街の魅力を大公開 品川・田町

イメージ:品川・田町

江戸の名残と新たな臨海拠点が共存する品川&田町

品川や田町は江戸時代に景色の良い海辺の行楽地として人気でしたが、戦後、東京湾の近代化に伴って産業地帯に変貌しました。
品川は東京を代表するビジネス街として発展。駅は港区内にあり、東海道新幹線などJRの5つの路線と京浜急行のターミナルです。
第一京浜に面した駅の西側(高輪口)には大規模なシティホテルが多く、御殿山や池田山などの由緒ある邸宅地も知られています。駅の東側(港南口)は「品川インターシティ」等の高層ビル群が林立するエリアです。隣の田町には山手線・京浜東北線「田町」駅と都営三田線・浅草線「三田」駅があります。三田側には日本電気や森永製菓の本社などのビル群と慶應義塾大学などの教育施設も。運河のある芝浦側は工場・倉庫の多い地域でしたが、近年は超高層マンション群に住むファミリーの街という表情も加わりました。

エリア情報

イメージ:芝浦商店会&新芝運河遊歩道(1) イメージ:アーバンランチ(観光汽船興業)(1) イメージ:エプソン 品川アクアスタジアム(1)
イメージ:芝浦商店会&新芝運河遊歩道(2) イメージ:アーバンランチ(観光汽船興業)(2) イメージ:エプソン 品川アクアスタジアム(2)

芝浦商店会&新芝運河遊歩道

アーバンランチ(観光汽船興業)

エプソン 品川アクアスタジアム

田町駅の東口側に広がる商店街には120店舗以上が点在。その半数以上は居酒屋、焼肉、鮨などの飲食店です。春の「芝浦運河まつり ざこ市場」では運河クルーズやフリーマーケット、夏の「芝浦まつり」ではカラオケ大会や盆踊り等で盛り上がります。
長く延びた遊歩道は桜の名所で、地域の人々が散歩やジョギング、ランチなどを楽しむ憩いの場。彫刻作品やガス灯、ベンチが設置され、水辺に近づける階段状のスペースもあります。
(2009年4月現在)
新水上交通のランチ(launch)とは都市型クルーザーのこと。揺れが小さく船体の低い双胴船(そうどうせん)なので低い角度から海の景色が楽しめます。
運航コースは芝浦運河からモノレールの橋げたや高速道路をくぐり、高層ビルを眺めながら東京港へ入り、レインボーブリッジや野鳥の楽園の無人島のそばを通って、お台場まで 約15分。
ウェディングクルーズやビジネスの会合などに利用できるファーストクラス艇もあります。
芝浦アイランド〜お台場海浜公園コース(1日8便)運賃:大人500円、小人250円、ペットや自転車などは別途200円/プライベートクルーズ(60分30名まで)4万円〜
(2009年4月現在)
品川駅(高輪口)から徒歩2分の「品川プリンスホテル」内にある水族館では、約350種・約1万点の海の生き物が迎えてくれます。
世界でも珍しいエイなどが頭上を泳ぎ回る水中トンネルのほか、迫力満点のイルカのパフォーマンスや、かわいいアシカのショーも目の前で楽しめます。
海と銀河をイメージした4種のアトラクションやライブホールに、多彩な熱帯魚が眺められるレストラン、カフェ&ビアホールなども併設。大人も子どもも一日たっぷり遊べます。
水族館の営業時間 月〜金12:00〜22:00、土10:00〜22:00、日・祝日10:00〜21:00(最終入館は閉館の30分前)/無休
(2009年4月現在)
page top
エリア情報地図
page top

編集者より一言

イメージ:品川・田町

休日も楽しく生活にも便利なビジネス街。

かつて品川・田町の海は豊かな漁場で、浜辺では潮干狩りや海水浴、花見・月見も楽しめたとか。芝浦には江戸前の小魚を水揚げした「雑魚場(ざこば)」があり、「芝海老」も芝浦沖でよく獲れたことから、その名が付いたそうです。
今ではすっかり様変わりしたエリアですが、昔の面影をたどりながら“自分の住む街”という視点で散策してみませんか?
日常の買い物は、田町付近なら芝浦の商店街のほか、スーパーの「ポロロッカ」「大丸ピーコック」等があります。品川駅の構内には「エキュート品川」があり、「ウィング高輪」をはじめ、「クイーンズ伊勢丹」のある「アトレ品川」、「成城石井」が入っている「ルミネ品川店」など多彩な商業施設も隣接しています。
page top