首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

私たちだから知っている、あの街の魅力を大公開 川崎

イメージ:川崎

ハイセンス&ハイテクの魅力ある街に再生した川崎

日本の重工業の発展を支えてきた川崎は、駅周辺の再開発によって文化・商業・ビジネス等の大規模な施設が充実。首都圏でも注目を集める魅力的なエリアとして大きく変貌しました。
JR「川崎」駅は東海道線・京浜東北線・南武線が走り、200mほど離れた京浜急行「京急川崎」駅とは「地下街アゼリア」で結ばれています。「川崎」駅からは東海道線で「品川」駅まで9分、「横浜」駅まで8分、南武線「武蔵小杉」駅まで13分、「京急川崎」駅から「羽田空港」駅まで14分とアクセス良好。三浦半島方面にも京急一本で気軽に出かけられます。
現在、駅の東口側では2011年3月の完成を目標に、駅のエントランスのデザイン刷新や憩いの広場づくり、タクシーとバスのゾーン分割、バリアフリーの推進、CO2削減など環境にも配慮した「川崎駅東口駅前広場再編整備」が進行中です。

エリア情報

イメージ:変貌する「川崎」駅前(1) イメージ:川崎港の身近な自然(1) イメージ:LA CITTADELLA(ラ チッタデッラ)(1)
イメージ:変貌する「川崎」駅前(2) イメージ:川崎港の身近な自然(2) イメージ:LA CITTADELLA(ラ チッタデッラ)(2)
変貌する「川崎」駅前 川崎港の身近な自然 LA CITTADELLA(ラ チッタデッラ)
駅の西口側に広がるのは約11万m2の敷地に約300店のショッピングモールと住宅・オフィスを有し、駅と直結する複合商業施設「ラゾーナ川崎」。セントラルタワーと音楽ホールを擁する「ミューザ川崎」や、IT・バイオなど先端企業を集めたビル「ソリッドスクエア」もあり、整然とした近未来的な街並みです。
東海道の宿場町で市内最大の商業地として栄えた東口地区には、役所や金融機関が集積し、「川崎BE」「川崎ルフロン」「川崎DICE(ダイス)」など多彩な商業施設も。
(2010年1月現在)
川崎港の周辺は緑地が多く、展望台のある公園からは運河を行く船や人工島はもとより、房総半島や富士山まで望める日もあり、夜景も見ものです。
海底トンネルを歩いて行き来できる「ちどり公園」「北公園」、多摩川河口で釣りが楽しめる「浮島つり園」、広大な芝生広場の「東扇島西公園」、人工海浜やバーベキュー場、ドッグランを設けた「東扇島東公園」、テニスコートや体育館、貸し自転車もある施設「川崎マリエン」等、遊び場所も充実!
(2010年1月現在)
13スクリーンを擁するシネマコンプレックス「CINECITTA’(チネチッタ)」と大型ライブホール「CLUB CITTA’(クラブチッタ)」を中心に、ショップ&レストラン、美容・リラクセーション、ウェディング等の施設で構成されたエンタテインメントの空間。
イタリアのヒルタウン(丘の上の街)風の石畳の小路や洒落たショップ、噴水広場など雰囲気たっぷり。毎週水曜と隔週日曜には農家が野菜・果物を直販する市場「マルシェ・ジャポン」も開かれます。
神奈川県川崎市川崎区小川町(番地・電話番号・営業時間などは店舗・施設によって異なります)/年中無休
(2010年1月現在)
page top
エリア情報地図
page top

編集者より一言

イメージ:川崎

生まれ変わった川崎は若者の人気の街に。

街並みが一新した川崎は若い世代の人気が急上昇しています。電車の利便性だけでなく第一・第二京浜、産業道路、首都高速湾岸線なども利用しやすいので車も便利。広大な緑地のある多摩川や川崎港が近いので、自然を愛する人には好立地でしょう。
駅の東口側から少し離れると親しみやすい商店街がいくつもあり、商店街主催の「いいじゃんかわさき」「かわさき阿波おどり」など楽しいイベントも魅力。
厄除(やくよ)けで有名な「川崎大師」は「京急川崎」駅から3つめで、バス便もあります。隣接する「大師公園」には野球場やテニスコート、プール、芝生広場などがあり、中国・瀋陽市から贈られた中国庭園「瀋秀園(しんしゅうえん)」も憩いのスポットです。
※電車の所要時間は日中平常時(乗換・待ち時間は含まず)。
※資料:「川崎駅東口駅前広場再編整備」(川崎市まちづくり局 市街地開発部 市街地整備推進課) 「Port of Kawasaki」(川崎市港湾局 川崎港管理センター 港営課)
page top