首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

私たちだから知っている、あの街の魅力を大公開 吉祥寺

イメージ:吉祥寺

商業・文化・生活の充実ぶりで大人気の吉祥寺ライフ

活気ある商業地と成熟した住宅地が共存し、「井の頭恩賜公園」など自然も豊かな吉祥寺。駅の周辺は都内でも有数の繁華街で、デパートや家電量販店などの大規模な商業施設に「吉祥寺シアター」「武蔵野公会堂」など公共の文化施設、地元に密着した商店街、個性あふれる飲食店・専門店、さまざまな教育施設なども揃い、いつもにぎわっています。
現在、武蔵野市による駅周辺の再開発と連携して駅の改良工事が進行中で、近い将来には南北の自由通路が約2倍に拡張され、JRと井の頭線の動線もスムーズに。また、JRの駅ビル「アトレ吉祥寺」に加え、2014年春には「新京王吉祥寺駅ビル(仮)」も竣工予定と、ますます駅が利用しやすく便利になりそうです。
中央線の街の一番人気をキープする吉祥寺は、今や武蔵野エリアを代表する観光地でもあり、駅前の発展と共にさらなる注目を浴びています。

エリア情報

イメージ:鎌田公園(1)
イメージ:鎌田公園(2)
鎌田公園
「井の頭恩賜公園」に隣接したバーベキューのできる公園。調理場や東屋、トイレ、野外卓、かまど、屋根付きの流し場、灰の始末所、ベンチ等もあります。バーベキュー用品は各自が持参し、ゴミはすべて持ち帰るのがルール。
公園の使用は武蔵野市に在住・在学・在勤の人に限られ、使用料は無料。事前に市役所への使用の申請と鍵の受け取りが必要(公園は施錠されています)。敷地には大木が点在して緑豊かなほか、フェンスで囲まれているため、子ども連れでも楽しく安心して遊ばせられます。
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-22/TEL.0422-60-1863(武蔵野市 都市整備部 緑化環境センター 緑化係)※使用予約は3か月前から受付/使用時間=10:00〜16:00(火気の使用は11:00〜15:00)/定員:1日2組(1組15名以下のグループ)限定、駐車:1組1台のみ乗り入れ可能/休園=月曜、第1・3日曜および12月29日〜1月4日
(2011年6月現在)
イメージ:アンテナショップ 麦わら帽子(1)
イメージ:アンテナショップ 麦わら帽子(2)
アンテナショップ 麦わら帽子
武蔵野市の友好都市である山形県酒田市、岩手県遠野市、長野県安曇野市、千葉県南房総市、広島県大崎上島町、新潟県長岡市、富山県南砺市、鳥取県岩美町の特産物をPR販売。
産地直送の新鮮な野菜、玄米から精米する産地米、入荷の曜日限定の豆腐や牛乳のほか、麺類、漬け物、酒類、果実や野菜のスイーツ、季節の花々に、都内でもここでしか買えない無添加の惣菜や手作りキムチ、米粉パン等も。郷土の素材にこだわった多彩な美味と出合えます。
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-33-1(中道通り)/TEL.0422-29-0331/10:30〜18:30/定休:水曜
(2011年6月現在)
イメージ:gallery re:tail 吉祥寺ギャラリー リテイル
吉祥寺 美術めぐり1
gallery re:tail 吉祥寺ギャラリー リテイル
ツタに覆われたレトロな建物が目印。表現したい何かを仕舞い込まず“片づかない想い”を分かち合いながら、独自の手法で多様なアート表現を試みようという空間。展示・イベント・レンタルスペース用に別館「百想」も提供。
東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-9 潤マンション103/TEL.0422-26-9874(スペース利用に関する問い合わせ専用)/12:00〜19:00(展示により異なる)/定休:火曜
(2011年6月現在)
イメージ:武蔵野市立吉祥寺美術館
吉祥寺 美術めぐり2
武蔵野市立吉祥寺美術館
日本画・油彩・版画・写真など約2400点を収蔵。国際的な版画家の浜口陽三と萩原英雄の記念室での常設展示のほか、企画展や講演会、楽しいワークショップ等も開催。商店街にあるので普段の暮らしの中で気軽に芸術と親しめます。
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル7F (コピス吉祥寺A館7F)/TEL. 0422-22-0385/10:00〜19:30/定休:毎月最終水曜、年末年始(12月28日〜1月4日)※展示替えや施設の保守点検等の際は臨時休館あり。/入館料:100円(小学生以下・65歳以上・障がい者は無料)
(2011年6月現在)
page top
エリア情報地図

アクセス情報

吉祥寺センター
〒180-0004
東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-15-9
岩崎吉祥寺ビル5階
TEL:0800-170-7018
FAX:0422-20-9557
吉祥寺センターの物件情報を見る
page top

編集者より一言

イメージ:吉祥寺

一人でも二人でも楽しめるから愛される街に。

吉祥寺は特にシングル世帯とカップル世帯に人気の街で、将来も両世帯の増加傾向が続くと予測されています。
個性あふれるお店がたくさんあるので、わざわざ都心へ出る必要もないほど。ライブハウスやジャズバー等の音楽スポットやギャラリーにも日常的に親しめます。
また、武蔵野市と三鷹市・小金井市・西東京市では、各市民が4市の文化・芸術・スポーツ・保養などの公共施設を自由に利用できるのも魅力。
都心へのアクセスも快適で、中央線で新宿・東京へ、東西線で大手町へ、井の頭線で下北沢・渋谷へ一本で出られる上、「成田エクスプレス」も利用可能。高尾方面にも気軽に遊びに行けます。
駅前からは多くのバス路線が発着し、コミュニティバス「ムーバス」も7路線あるなど地域の交通網も発達しています。
世代を問わず、毎日が便利で楽しい街だからこそ、不動の人気を保っているのでしょう。

[参考資料]
●「吉祥寺駅改良工事概要図」(2010年2月24日)武蔵野市 都市整備部 吉祥寺まちづくり事務所
●「武蔵野市都市計画マスタープラン」(2011年4月1日)武蔵野市 都市整備部 まちづくり推進課
●「京王グループ中期5カ年経営計画および2010年度重点施策の進捗状況」(2010年11月2日)京王電鉄株式会社
●『吉祥寺経済新聞』(2011年4月26日)花形商品研究所

吉祥寺の以前の情報(2006年度)は、こちらからご覧いただけます。

page top