Myリバブル

首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

暮らし住まいのアドバイス お掃除編

半年に1、2回のお掃除で電気代節約に!
 エアコンのお掃除の基本は「フィルターのお掃除」。
  フィルターを外したら、掃除機かけ、洗剤を薄めたものでブラッシング、水洗い、乾燥の順で行います。掃除機がけする際、新聞紙を敷いて、その上にフィルターを乗せて吸引すると、吸引力が増すのでよりホコリが取れます。
 エアコンは汚れで風量が10%落ちると、約20%電気代が増えるといわれます。電気代節約のためにも、半年に1、2回のお掃除を心掛けましょう。
浴室のお掃除は入浴後がベスト!
 浴室の掃除は入浴時がオススメですが、夜遅くなった日は、入浴どころか寝るのが精一杯ということも・・・。そこで少しでも簡単にお掃除出来るコツをご紹介。
  入浴後に熱湯をかけ、石鹸カスや湯垢が固まる前にスポンジなどでこすっておくと、かなり汚れが落ちやすくなります。また、徹底的に汚れを落とす場合は、洗剤をかけ、空気が入らないようにラップをかかぶせてください。数分で汚れが緩み、タワシやスポンジでこするだけで、割と簡単に汚れが取れます。
 また、入浴後、「冷水をかけ浴室の温度を下げる」「換気扇を約1時間回し湿度を下げる」という行動を習慣づけるだけで、簡単なカビ予防対策になります。
電子レンジのお掃除は水をチン!?
 冷蔵庫は普段から、お湯で絞ったタオルで庫内やドアをふくように習慣づけましょう。そして、時々、消毒液を含ませた布でふいておけば、冷蔵庫特有の嫌な臭いがすることもありません。
 冷蔵庫同様、電子レンジも食べ物を出し入れするものなので、消毒液を使い、頻繁にふき掃除をすることが大切です。また、お掃除の前に、水を入れてチンすると、蒸気で汚れが緩み、汚れが取れやすくなりますので、ぜひ試してみてください。
換気扇のお掃除も頻繁にやれば怖くない!
 「油汚れがひどく、お掃除が大変」というイメージの強い換気扇。でも、こまめにお掃除をしておけば、油がべっとりこびりつく心配はありません。1ヶ月に数回、取り外してお湯で洗ったり、洗剤ぶきをしておけば大丈夫です。
 もし、飲み残しのビールがある時は、洗剤の代わりに使ってみてください。ビールは油汚れに効果があるので、換気扇の汚れをキレイに取ってくれます。油汚れが気になるガスコンロのふき掃除にも最適です。

経済的なお掃除方法も実践してみよう!

 家の中にある使わなくなったものも、考え方ひとつで、立派な掃除道具に変身します。例えば、古くなった歯ブラシは、キッチン・洗面台のヌメリ取りや、細かい磨き掃除に使えます。着なくなった綿100%のTシャツは、靴を磨くのに効果的で、雑巾の代わりにもなります。
新聞紙は、少し湿らせてガラスをふくと汚れがキレイに落ちます。また、ゴミ箱に袋をかぶせた中に新聞紙を入れておくと、水分だけでなく、臭いもある程度吸収してくれる効果があります。

雨上がりにはベランダのお掃除を!

 お部屋の外ということで、汚れに目が届きにくいのがベランダです。床はある程度水気のある方がお掃除しやすいので、雨上がりにすることをオススメします。こびり付いてなかなか取れない泥汚れは、先端に布を巻き付けた割り箸でこすると、手を汚すことなくお掃除できます。
 また、汚くなった網戸は、洗剤や、酢水、炭酸水で直接網戸を濡らし、穴のあいた靴下や古着などで、両側から網戸を挟むようにしてふきとるだけで、かなりの汚れが落ちます。できれば、見て見ぬふりをしたい網戸掃除も、この方法なら部屋掃除のついでに気軽にできますね。

居住用賃貸物件を探すpage top