首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

カップルもファミリーも注目! お部屋選びの決め手ランキング[設備・仕様編]

すべての希望がかなうお部屋と出合うのはなかなか難しいものですが、どうしても譲れない条件や妥協も考えられる設備などは、カップルとファミリーとでは違いがあります。
今回はシングル(学生・社会人)、カップル、ファミリーの世帯階層を対象にした「部屋探しの実態調査(複数回答)」をもとに、カップルとファミリーがお部屋選びをするときに設備・仕様の「決め手になった項目」と「あきらめた項目」のランキングを作成しました。お部屋選びの最近の傾向と人気の高い設備について検証してみましょう。

カップル編 初めて一緒に暮らす二人が夢みるお部屋は?
カップルは結婚をきっかけに、お部屋探しをするケースが大多数。育った環境の違う二人が初めて生活をスタートさせる新居だけに、さまざまな夢があふれ、思い入れも強くなりますが、はたして現実は?
カップル編:イメージ画像



決め手はプライバシーと室内イメージ!

最近では全体的な世帯階層にわたって人気の「バス・トイレ別」が、カップルでは決め手のトップに。
どんなにラブラブでも最低限のプライバシーは確保したいということと、やはり脱衣スペースは必要だということでしょうか。
 
ほかの世帯階層よりもカップル層のポイントが高いのは「部屋の内観のよさ」。二人で過ごす空間のイメージを大切にしたいという新婚カップルらしい希望が伝わってきますね。
 
こだわらないのは「エアコン付き」。購入しやすい価格のものも多いので、付いていなくても構わないのかもしれません。

決め手ランキング

決め手ランキング





あきらめランキング

あきらめランキング

新居選びは妥協したくない傾向あり!

カップルがあきらめた項目のトップは「風呂の追い焚き」。これは決め手ランキングの5位で、全体の階層の中でもポイント高めですが、二人で暮らすなら水道光熱費を少しでも節約したいと思うからでしょう。でも、現実的に何かをあきらめなくてはいけないときは、これが妥協点に。
 
ただし、カップルの場合、ほかの世帯階層に比べてあきらめる項目は少なく、「バス・トイレ別」も絶対条件に挙げるなど、できる限り妥協しない傾向がうかがえます。やはり、新生活のスタートだけに、理想に近くなるまであきらめたくないのでしょう。
 




今のカップルに人気の最新設備はコレ!


ガーデニングも楽しめるバルコニー

ガーデニングも楽しめるバルコニー

お花やグリーンの鉢を並べたり、ミニ家庭菜園ができたりする広めのタイプに人気集中。最近は水やりに便利なスロップシンク付きも登場しました。

防犯性の高いエレベーター

防犯性の高いエレベーター

防犯カメラに窓も付いたエレベーターなど、セキュリティに配慮した仕様が求められています。今後は地震感知器付きなど防災タイプも増加しそうです。

暖房機能・温水洗浄便座付きトイレ

暖房機能・温水洗浄便座付きトイレ

寒い時季でも温かく、衛生的でいつも快適なトイレ。デザイナーズ物件などではコンパクトなタンクレス型が採用されることも増えています。




居住用賃貸物件を探すpage top

ファミリー編 家族みんなが居心地よく過ごせるお部屋は?
子どもの誕生や入学、あるいは転勤などの理由でお部屋探しをすることが多いファミリーは、それまでの生活経験を活かせるように、設備・仕様についても現実的かつ堅実な選択をする傾向にあるようです。
ファミリー編:イメージ画像



決め手は家族全員の利便性と快適度!

ランキングを問わず、全体の世帯階層の中でファミリー層のポイントが高めなのは「日当たりのよさ」「駐車場」「各居室の広さ」「風呂の追い焚き」「リビングの広さ」「ペット相談可」というふうに、家族全員のことを考慮した項目です。
 
ランキング内であっても、ほかの階層よりポイントが低いのは「2階以上」「部屋の内観のよさ」等。小さな子どものいる家庭では1階のほうが周囲への気兼ねも少なく、おしゃれな空間でなくても構わないと思うからかもしれませんね。
 
 

決め手ランキング

決め手ランキング





あきらめランキング

あきらめランキング

広さは妥協しても節約上手な機能は重視!

ほかの層に比べて、あきらめた度合いが高かったのは「各居室の広さ」「エアコン付き」。家族が増えていくことを考えると、居室の広さより数を優先する必要があるのでしょう。また、ファミリータイプのマンションでは、すべての居室にエアコンが付いていない物件も多いので妥協しやすい項目かもしれません。
 
家族ということで人数が多い分、あきらめランキング内ではあっても「風呂の追い焚き」「バス・トイレ別」は、ほかの階層よりもあきらめたくないポイントが高い項目。家族の入浴時間が大きくズレてお湯を入れ替えるのは不経済ですし、忙しい朝に洗面所やトイレの順番待ちは避けたいからでしょう。




今のファミリーに人気の最新設備はコレ!


安全でクリーンな床暖房

安全でクリーンな床暖房

ヒーターの電気式と温水のガス式があり、頭寒足熱の健康的な暖かさが実現します。火を使わず、温風・水蒸気も出ないので安全&クリーンが特長。

リビング一体型の和室

リビング一体型の和室

リビングと隣り合い、ふすまを全開やL字形に開放できる和室は用途も多様。畳は緩衝材なので音が響きにくく、小さな子どもが遊び回る空間にも。

楽器演奏もできる防音性

楽器演奏もできる防音性

ピアノやギターなどの楽器演奏、ゲーム、ホームシアターなどに利用できる居室が求められています。今後はより防音性の高い仕様が人気の的に?




居住用賃貸物件を探すpage top




総評

最近の新築物件では「バス・トイレ別」「エアコン付き」が標準装備となりつつあり、「フローリング」も急増しています。一時期はワンルーム等の設備として主流だった3点ユニット(洗面台・バス・トイレ)は、それだけで検討する物件候補から外されるケースもあるのです。
でも、たとえば、新婚のときは洋室スタイルでも、子どもが誕生すると和室が欲しくなることもありますし、築浅にこだわっても、築5年よりリフォームしたばかりの築10年のほうが最新設備の場合もありますよね。
今回の特集を参考に、ご自分たちの「譲れない決め手」「あきらめ可」のランキングを作ってみませんか。お部屋探しや内覧の際に、きっと役に立つはずです。


[参考資料] : 「2007年賃貸契約者に見る部屋探しの実態調査」(株)リクルート調べ