Myリバブル

首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

東京に転勤や進学をご予定の皆さま、東京の生活はこんなカンジです!
転勤や進学などで初めての東京暮らしをスタートさせる前に、東京に関する予備知識を仕入れておきましょう。 国際都市や観光地というイメージでとらえるのではなく、リアルな生活者の視点で毎日の暮らしに役立ちそうな情報と最新のデータを揃えました。 東京に生まれ育った人も、地方から東京へ移り住んで長いという人も、改めて今の東京を眺めてみてください。きっと新しい発見があるはずです!
東京統計データ

東京家賃相場

東京事情Q&A

統計データで見る東京
イメージ画像

都内で人口が増えている地域は? 東京の暑さ・寒さは? 物価は高い? 都民の生活ぶりは? それらの答えがすぐにわかるのが、東京都のまとめた「暮らしととうけい2008(東京都総務局)」。
その中から厳選したデータを紹介しましょう。

■東京都の人口: 総数12,907,066人(男6,422,798人・女6,484,268人)(推計/平成21年1月1日現在)■都内の区市町村数:23区・26市・5町・8村(平成20年1月1日現在)

人口の推移

月間気温・降水量の推移(平成17年)
人口の推移
東京都では1日に1,199人が転入し、952人が転出しており、全体の7割弱の人が特別区(23区)に住んでいます。
人口増加率が特に高いのは千代田区・中央区・港区で、30代後半〜50代前半に都心回帰の傾向があり、この3区と江東区を中心に流入が続くと予想されています。
特別区の人口密度は都全体の2倍近くで中野区・豊島区・荒川区の順に多く、最も少ないのは千代田区です。
参考資料:A(ページの最後に掲載)
月間気温・降水量の推移(平成17年)
都心の年平均気温(2008年)は16.4℃、八王子市は14.7℃で、多摩エリアのほうが夏はやや涼しく、冬はやや寒いと言えます。年々、気温が上昇し、熱帯夜も増えているのは、地球温暖化と都市部に特有のヒートアイランド現象の影響と指摘されています。グラフは気温の変化が似ている鳥取県との比較ですが、冬季は積雪もある鳥取に比べ、東京は非常に乾燥していることがわかります。
参考資料:B(ページの最後に掲載)



消費者物価地域差指数

自動車所有数量等の都道府県別比較(抜粋)
消費者物価地域差指数
勤労者世帯の1世帯当たりの平均月収は、東京が47万3,800円、全国は43万2,000円で、月平均の消費支出は東京が35万円、全国が 32万円です。
物価指数の地域差を見ると、関東では横浜市が東京と変わらず、千葉市は東海・関西圏と比べても低めで、首都圏では暮らしやすいと言えるでしょう。仙台市や北九州市などから東京へ移ると物価はかなり高いと感じるかもしれません。
参考資料:総務省統計局「消費者物価指数年報」(平成18年)
自動車所有数量等の都道府県別比較(抜粋)
車の所有台数、マイカー通勤・通学の割合、1か月間のガソリン代は全国でも東京が最少で、電車代は東京が最多です。
首都圏はビジネス街や繁華街が多く、公共の交通機関も充実している上、道路の渋滞が激しいので、通勤・通学・買い物などは車を使うより電車のほうが早くて便利。また、駐車場が確保しにくいという事情もあります。



都民の男女別 1日の生活時間

社会体育施設等の都道府県別比較(抜粋)
都民の男女別 1日の生活時間
都民が平日に起きるのは6時52分で就寝は23時40分。これは全国で最も遅く、1日の睡眠7時間36分は全国で3番目に短いそうです。
家事に関わる時間は男性も過去20年間ずっと増えていますが、会社勤めの夫と専業主婦のカップルも多く、依然として女性の家事時間は長めです。
余暇の時間は男女に大きな差はありませんが、都民の1年間のインターネット利用者率は全国で最多の7割以上です。
参考資料:総務省統計局「社会生活基本調査」(平成18年)
社会体育施設等の都道府県別比較(抜粋)
屋内・屋外を合わせた全国の公共スポーツ施設の充実度を比較すると、東京は最下位かその付近。
ただし、人口が多くて施設数が追い付かない、スポーツジムなど民間の施設を利用する人も多い、ウォーキングや体操、キャッチボール、サイクリングなど施設を利用しないものもあるという理由も。
実際にスポーツを楽しんでいるのは首都圏の在住者が多いことがデータに表れています。



居住用賃貸物件を探すpage top
家賃相場で見る東京
都内の家賃は「西高東低」「南高北低」と言われるように、相場は城南・城西エリアが高め。
中でも港区・千代田区・渋谷区は高額物件も多く、築年数が経っていても賃料は下がりにくい傾向があります。
城東・城北エリアでは葛飾区・足立区・江戸川区がやや低めですが、
人気のある江東区や台東区は城西エリアの中野区や杉並区より高め。
多摩エリアでは吉祥寺のある武蔵野市と隣の三鷹市が高めで、都心の近くでも西東京市は低めの傾向にあります。

マンション家賃相場

居住用賃貸物件を探すpage top
東京お部屋探し事情Q&A
イメージ画像

初めて東京の路線図を見たときに「迷路みたいだ!」と驚いた人はたくさんいるでしょう。勤め先までのルートを選ぶにも通勤時間を計るにも、簡単に判断できない場合があります。また、車の所有台数が日本一少ない東京だけに、マンションの駐車場事情も気になるところ。
穴場の物件の見つけ方も交えて、さまざまな疑問にお答えします!

Q1. 都内の電車は乗り換えが多いと聞きましたが、会社まで1本の電車で行くのは難しいですか?


直通だけにこだわると、お部屋探しのエリアの範囲が狭くなってしまいます。特に23区内での移動はルートによって乗り換えが多くなる場合もありますが、他路線に乗り継ぎやすい駅もありますので柔軟に考えましょう。
どうしても乗り継ぎたくない場合は、東急田園都市線〜半蔵門線、総武線〜東西線など、通勤先の最寄り駅まで相互直通運転を実施している路線がないか探してみてください。

Q3. 快速や急行の停まる駅より各駅停車の駅のほうが家賃は低めだと思いますが、どの駅がいいのか判断できません。


1つには、急行などの停車駅の前後の各駅停車駅が狙い目ですね。区間が短ければ、隣の急行駅も徒歩圏内という場所もあります。 2つめは、接続路線の多い沿線。たとえば、東急大井町線の等々力駅なら二子玉川駅へ出れば田園都市線(半蔵門線直通)に、自由が丘駅で東横線に、大岡山駅で目黒線(南北線・都営三田線直通)に、旗の台駅で池上線に乗り換えられ、とても便利です。
3つめは、各駅停車駅でも周辺のバス路線が利用しやすい所。行動半径がグンと広がります。

Q5. 都心のマンションは駐車場のない物件も多いと聞いたのですが、本当ですか?


都心では敷地内駐車場のない物件も多く、駐車場付きでも大規模型やタワー型のマンションでは全戸分が確保されていない場合もあります。
駐車場は地下の機械式、敷地内のタワー型、屋外の平面式(平置き)など多様で、利用できる車のサイズ、入出庫のしやすさ、防犯性、日光・風雨の影響なども異なります。
契約時には敷金や仲介手数料が必要な場合や、車種・サイズによって月額が変わる物件もあります。
お部屋の近所に月極駐車場を借りるにしても、契約時には初期費用(賃料・保証金・手数料など)が必要です。また、空きのない場合もありますので必ず確認しましょう。

Q2. 通勤時間の目安を知るために電車のルート探索で調べていますが、乗車○分以外の「ほか○分」というのは何の時間ですか?


「ほか○分」と表示される場合は、乗り換えに必要な時間や待ち時間があるということ。都内の交通網は発達している半面、とても複雑です。下車したホームの反対側に乗り換え路線の走る駅もありますが、たとえば、大手町駅では丸ノ内線から半蔵門線へ乗り換えるのに徒歩2分、三田線なら6分ほど掛かります。
また、都営大江戸線や副都心線など大深度地下鉄の場合、地上の出入口から3階分も降りなければホームに着かないという駅もあります。
できれば通勤時間帯に、いくつかのルートを実際にたどってみて比較すると良いでしょう。

Q4. 東京周辺で少しでも家賃を抑えるには、どのようにエリアを絞ればいいですか?


まずは“川”に注目しましょう。東京の東側なら荒川を越えた千葉県寄りのエリア、西側なら神奈川県に入りますが多摩川を越えると、それぞれ賃料は低めの傾向です。
住所は東京でなくても便利ならOK!という人は“県境”に注目を。たとえば、田園都市線の二子新地駅や東横線の新丸子駅、東武東上線・有楽町線・副都心線の和光市駅や埼京線の戸田公園駅、東西線の浦安駅や総武本線の市川駅などは隣駅が都内です。こういうエリアも検討してみましょう。

Q6. 東京は観光スポットへ遊びに行ったことがあるだけ。何を基準にして住む所を選べばいいのか困っています。


たいていは通勤を最優先して選びがちですが、プライベートの時間もとても大切ですね。趣味や休日の過ごし方など自分のライフスタイルを考えてみましょう。好きなことはショッピング? 広い公園でのんびり? 繁華街で夜遊び? 川辺でランニングやサイクリング? シネコンで映画を観る? 仲間とスポーツ? 下町散策?などなど、自分に合った楽しい時間が過ごせる街の周辺や、そこへアクセスしやすい沿線で探す、というのも一案です。

居住用賃貸物件を探すpage top

総評
流行の先端をいくオシャレな街や高層ビル群のビジネス街だけが東京ではなく、老舗の並ぶ歴史ある街、庶民的な下町、緑豊かな多摩丘陵に、2000m以上の山や大島・八丈・小笠原などの島々も都内です。
多彩な表情をもつ東京での生活を楽しむために、いつも会社との往復だけでなく、あちらこちらへ足を延ばして、自分なりの東京リサーチをしてみましょう。その蓄積は次に引っ越したいなと思ったとき、必ず役に立ちますよ!

[参考資料]
A:総務省統計局「国勢調査報告」「人口推計年報」、豊島区「としまの統計」より「東京都の地域別人口、面積、人口密度」(平成20年1月現在)
B:東京都統計部「東京都統計年鑑」、気象庁ホームページ(観測地点:東京都 東京・八王子)
マンション家賃相場:(株)リクルート調べ(2008年12月30日〜2009年1月20日)